HOME » 種類が多すぎてわからない!高齢者住宅をやさしく解説 » 健康型有料老人ホーム

健康型有料老人ホーム

健康型有料老人ホームの特徴

娘めぐみ介護が必要じゃなくて、自立した生活が送れる高齢者なら健康型有料老人ホームという手も。独り暮しに不安があったり、同じ世代の仲間たちとコミュニケーションを積極的にとりたいならばいいかもしれないよ。

父やすし私たちは夫婦ふたりだから、それほど必要じゃないかも。

母きよそうね。逆に他人との関わりで煩わしさもあるんじゃないかしら。

娘めぐみ食事や日常生活に必要なサービスは提供してくれるけど、ふたりはまだまだ自分たちでできるしね。

母きよ近所に仲間もいっぱいいるからねぇ。

娘めぐみただ家事とかは施設のスタッフがやってくれるし、施設内にはスポーツジムやシアタールームとか図書室なんかがあって、シニアライフが楽しめるみたいだよ。

母きよそれはちょっといいかも。

父やすしおい!

メリット・デメリットをわかりやすく挙げると・・・・

メリット

  • 同世代の仲間ができる。
  • 食事など生活に関する家事サービスが利用可。
  • 高齢者向けの設備が整っているので安心。

デメリット

  • 介護サービスがないため、重度の要介護状態になったら退居しなければならない。
  • 入居一時金や利用料が高い。
  • 要介護度が高いと費用が割高に。

娘めぐみ費用もちょっと割高かな。初期費用で0円〜数千万円。月額利用料として10万円〜40万円程度といったところ。

母きよ比べてみると他よりも若干高めだわ。

娘めぐみ健康型有料老人ホームに入居した人に話を伺ってきたのだけど、施設選びで注意する点があるからよく覚えといてね。

父やすし忘れちゃうからメモしておこうか。

娘めぐみまずね、介護が必要となった時に、退居する条件はどうなっているか?それと介護棟が併設されている施設かどうかもポイントだそうよ。あと、訪問介護を受け入れているかどうかもチェックポイントだからね。

父やすし基本的には施設スタッフによる見守り、食事・掃除・洗濯の世話、緊急時の対応といったサービスが受けられるんだね。その場に医療施設がなかったり、看護師などは不在だけど、多くの施設が医療機関と提携していて、定期的なメディカルチェックや必要に応じた治療をしてくれるみたいだ。

ここに決めた!シニア分譲マンションを現地見学

【免責事項】このサイトで掲載しているコンテンツは、編集部が収集した情報を基に作成したものです。サービス内容や会社情報は、必ず各社の公式HPもご参照ください。

ページの先頭へ