HOME » 種類が多すぎてわからない!高齢者住宅をやさしく解説 » 高級老人ホーム

高級老人ホーム

ハイクラス・ハイソサエティ!高級老人ホームの実態はいかに?

娘めぐみウチはたぶん関係ないと思うけど、高級老人ホームにも行って話を伺ってきたわ。せっかく色々調べてきたんだから、世の中にはこういう施設もあるっていう参考にしてほしいわ。

父やすしそれは興味深いねぇ。さっそく話を聞かせてよ。

娘めぐみ驚かないでね。高級の名前通り、価格は他のサービスと比べて桁が1つ~2つ違うようで、ウン億円クラスの物件もざらにあるのよ。これはもう富裕層向けね。高級老人ホームは平均的に、入居一時金が5,000万円以上かかるそうよ。それにプラスして、毎月数十~数百万円の入居料がかかるんだから、いくら終の棲家とはいえ…、なかなか手が出せる金額じゃないわね。

父やすしさすが高級と謳うだけはあるね…。それだけの金額を払うんだから、サービスもそれ相応なんだろうねえ?

娘めぐみもちのろんよ。銀座や六本木といった都内の一等地をはじめ、成城や駒沢公園といった高級住宅街など、都心部に住宅が多いのも高級老人ホームの特徴ね。都心以外だと、リゾート地にあることが多いわね。

ザックリ分類すると、都心型の高級老人ホームには、自立生活ができる人が暮らすことが多いわ。家族や友人と頻繁に会ったり、買い物や娯楽施設に出かけることもできるからね。対してリゾート型の高級老人ホームには、シニアライフをゆっくり過ごしたいご隠居タイプの方が多いわね。空気がキレイで施設も広々しているから、リラックスするにはピッタリね。大きな露店温泉やプール、アスレチックジムなど、大きな屋外施設を併設したところも多いわね。

母きよなるほど。場所によって生活環境や施設が大きく変わってくるかもしれないのね。

娘めぐみ住居施設についても解説していくわね。今回私がお邪魔したのは、都心の一等地にある高級老人ホームだったんだけど、一目見て老人ホームだなんてまったく思わなかったわ。建物の外観はもちろん、調度品や高級家具を惜しげもなく並べた内装は、外国の三ツ星ホテルみたい。

さらに、設備・サービス・食事も、全てがハイクオリティ。高層マンション風の建物があるところは眺望の良いスカイラウンジが利用できたり、ホテルのレストランが監修している食事が提供されたりと様々。中には、美容院があったり、ルームサービスをしてくれたり、お寿司屋さんが入っている施設もあるそうよ。

健康面のサポートやセキュリティ体制も万全で、なかには介護保険基準の2倍のスタッフを配備し、手厚い介護を自慢しているところも。住人一人ひとりに専任コンシェルジュがついて、体調の不安から生活面の不満まで、きめ細かく対応してくれるみたいね。

入居者向けのイベントも豊富で、一流のアーティストが来場して施設の入居者だけのためにコンサートが開かれるところもあるみたい。レクリエーションも本格的で、施設が主催する観光バスツアーなど、楽しいイベントが盛りだくさんみたいね。

母きよため息がでそうだよぉ。

娘めぐみまだまだ終らないわよ。医療体制もとにかく充実。大抵の高級老人ホームと言われるところはクリニックが併設されていて、24時間365日医師や看護士が常駐。緊急事態だけでなく日常の健康状態もしっかり管理してくれるそう。中には酸素治療やインスリン治療に対応しているところもあるんだって。各お部屋にはナースコールが常設されていて、もしものときもすぐに対応してくれるそうよ。

あっ、部屋はもちろん完全個室ね。しっかりとプライベートな空間が確保されているわ。というか、私の家より広々としているのよ。建物の共有スペースも豪華絢爛。フロントにはいつもスタッフがいて、心配りも行き届いているわ。毎日ホテルで暮しているのかと錯覚しそう。

父やすしちょっと、興奮を鎮めなさい!

娘めぐみごめんなさい…、あまりに住む世界が違うから、ちょっと我を忘れてしまいました。介護サポートについてもう少し説明しておくと、ほとんどの施設には医師だけでなく介護スタッフも常駐しているので、要介護の状態になっても理学療法士や作業療法士によるサポートとリハビリ治療が受けられるみたい。

自立生活が難しくなっても、しっかりケアしてくれるから、他の高齢者住宅のように重度の要介護者になっても退去させられることはないみたいね。

父やすししっかり面倒を見てくれるというのはありがたいねえ。

メリット・デメリットをわかりやすく挙げると・・・・

メリット

  • 最高級で高レベルのサービスが受けられる。
  • 専門スタッフによる手厚い介護が受けられる。
  • 医師・看護師常駐の施設が多いので、健康状態もしっかり管理してくれる。

デメリット

  • 入居費用がとにかく高い。
  • 介護度の高い入居者が多くいる場合、活発に活動したい方だと窮屈に感じることもある。
  • これまでの生活環境からの変化が大きいと、逆にストレスを感じることも。

母きよリッチな人が最後の贅沢として入居する場合も多いみたいだけど、私たちにそんなお金は…。ねえ、めぐみ、最後に親孝行してみるのも悪くないと思うわよ?

娘めぐみ…パンフレットだけ置いていくわ。

ここに決めた!シニア分譲マンションを現地見学

【免責事項】このサイトで掲載しているコンテンツは、編集部が収集した情報を基に作成したものです。サービス内容や会社情報は、必ず各社の公式HPもご参照ください。

ページの先頭へ