HOME » わが家の高齢者向け住宅選び全記録 » 賃貸か?分譲か?

賃貸か?分譲か?

賃貸と分譲で、それぞれポイントを挙げて整理してみた

娘めぐみふたりとも気持ちはもう高齢者住宅に向いているみたいね。私もいろいろと調べた甲斐があったわ。

父やすしでもなぁ、まだ決めかねていることがあるんだよ。母さんも言っていたけど、賃貸にすべきか分譲がいいか、結論がでないんだ。

娘めぐみじゃあ、もう一回、それぞれの違いをポイントごとに整理してみるね。

項目別に考える賃貸VS分譲

娘めぐみ一通り比較していくよ。

所有権

シニア向け分譲マンションは、普通のマンションと同じで所有権は購入者のものに。ここが賃貸の高齢者向け住宅との一番の違いだと思うよ。なによりも資産として残せるメリットがあるからね。

費用

分譲は所有する分、かかる費用は数千万円~、物件によっては億単位になることも。当然月々の管理費や修繕積立金もかかってくる。賃貸なら必要なのは家賃と共益費。それと施設毎に決められた支援金や食費などのサービス料が必要になるわ。

入居条件

シニア向け分譲マンションの場合は、特に入居条件が設けられていないみたいで、あっても比較的緩いところが多かった。だから今から入居しても充分いいかも。賃貸の高齢者住宅は、年齢制限はもちろん、施設毎に様々な条件や審査があってクリアしないと入れない。入居希望者も多くて、人気の施設は抽選や空き待ちになっていることも。

食事の提供は?

シニア向け分譲マンションでは、食事を提供する店舗が同一建物内にあるし、バリアフリー対応のキッチンも備わっているので自炊も楽しめる。賃貸の高齢者住宅は、自炊できるところもあるけど、食事の提供サービスを利用する人が多いみたい。食事は施設の共有スペースである食堂でとるみたいよ。

母きよやっぱりカラダがしっかりと動くうちは、自由度が高い分譲マンションの方が私はいいな。

父やすし私は資産価値という点で、分譲マンションに惹かれたよ。そしてなによりも母さんが良いと思う方でいいんじゃないかな。母さんの幸せが俺の幸せだからな。

娘めぐみお父さんったら、ここでのろけないでよ。恥ずかしい。

いよいよ浪後家がシニア向け分譲マンションを見学!

ここに決めた!シニア分譲マンションを現地見学

【免責事項】このサイトで掲載しているコンテンツは、編集部が収集した情報を基に作成したものです。サービス内容や会社情報は、必ず各社の公式HPもご参照ください。

ページの先頭へ