HOME » わが家の高齢者向け住宅選び全記録 » 身元引受人ってなんだ?

身元引受人ってなんだ?

紆余曲折はあったものの、家族で検討の結果、高齢者向けの分譲マンションへの入居を決めた浪後家。

これでひと安心と思いきや、父・安(やすし)が申込契約書を読んでいると、気になる文面が。高齢者住宅の入居条件の中に「身元引受人」という項目を見つけてしまったのだ。

改めてみるとよくわからない「身元引受人」ってなんだ?

父やすしはてさて、「身元引受人」ってなんだろう。おーい、めぐみ。ちょっとちょっと。これはどういう意味だ?

娘めぐみなにお父さん、まだなにかあるの?も~、そろそろ帰って夕飯の準備したいんだけど。

父やすし実はだな、ここに書いてある「身元引受人」ってなんじゃ?誰かに頼まないといけないのか?さっぱりわからんから説明してくれ。

娘めぐみもー、じゃあ時間も無いから簡単に説明するね。

高齢者向けの分譲マンションや介護付き有料老人ホームに入居する時には、身元引受人が求められることが多いの。これって家賃とか月額利用料の支払いが万が一遅れたり、滞った際に支払いを求める経済的な保証だったりするのね。

また高齢者だとどうしても事故や病気で急変することや、認知症になって判断能力が低下することがあるじゃない。そうした際の連絡先だったり、本人になり代って身元引受人に判断を求められることがあるのよ。

あと、万が一入居後に死亡した時に、遺体の引き取りや葬儀の手配をしたり、亡くなった後の荷物の引き取りやサービス利用料など未払い分の精算とかをする役割もあるのね。

身元引受人についてははっきりとした法的根拠はないんだけど、こうしたことから契約時に身元引受人を求められることが多いそうよ。最近では施設によっては身元引受人が必要じゃないところもあるから、よく調べてみてね。

父やすしなるほどねぇ。歳をとってもまだまだお前たちに迷惑をかけそうだ。

娘めぐみ嫌だなお父さん、ちっとも迷惑だなんて思ってないからね。頼ってよ。

あっ、そろそろ帰らないと子供が帰ってきちゃう。ちょっとー!お母さん、このおかずちょっともらって行くよー。いいよね!

ここに決めた!シニア分譲マンションを現地見学

【免責事項】このサイトで掲載しているコンテンツは、編集部が収集した情報を基に作成したものです。サービス内容や会社情報は、必ず各社の公式HPもご参照ください。

ページの先頭へ