HOME » 調べてわかった高齢者住宅の選び方

調べてわかった高齢者住宅の選び方

ここをチェック!高齢者住宅選びで気をつけたい大切なポイント

料金・費用については人それぞれ!

実は一概に料金や費用が高いから良いと言えば、そう単純なものではありません。大切なことは老後にそこで暮していく自分たちにとって“最善な場”になるかどうかということ。

逆に料金が安いからとか、サービスが良さそうといった安易な理由で選ぶと、入居後に「こんなはずじゃなかった」なんて失敗してしまうことも。老後にもう少し考えればよかったと思っても、後の祭りですよ。

入居目的を明確に!

自分たち家族のライフステージによっても、入居の目的や理由は変わってくるものです。事前に家族でしっかりと話し合いの場を持って決めておくことが大切です。

介護や介助が必要なら介護付きの住宅がいいですし、まだまだ家庭生活も問題ないようだったら、自由度の高い住宅の方が、住みやすくて満足度も高くなるはずです。

情報はできるだけ多く入手すること!

希望するエリアや予算に見合う高齢者住宅か、できるだけ多くの物件情報を集めて比較検討してみてください。最初から条件をあまり絞りこまないことがポイント。ある程度物件情報を集めてみて、そこから妥協できる点・これだけは譲れない点などを鑑みて、物件を絞っていきましょう。

お子さんがいらっしゃる場合は、家族が通える場所かどうかも重要です。ある程度場所の目星をつけたところで、家族で話し合ってみたはどうでしょうか。

現地見学や体験入居は絶対するべき!

ある程度物件を絞り込んだら、ぜひ現地見学や体験入居を。設備やスタッフの働き方など、パンフレットでは伺い知ることができない情報を肌で感じてください。

まとめてみると、住居の間取り・コンシェルジュサービス・医療サービス・介護サービス・趣味のスペースなど、ケアサービスが充実していることは前提条件だと思います。その上で、どういった住まいが自分らしく快適な老後を送ることができるのか考えて、物件選びをすることが大切なんだと、高齢者住宅選びで奔走した浪後家は結論づけました。

ここに決めた!シニア分譲マンションを現地見学

【免責事項】このサイトで掲載しているコンテンツは、編集部が収集した情報を基に作成したものです。サービス内容や会社情報は、必ず各社の公式HPもご参照ください。

ページの先頭へ